プチ・パソコン教室 Feed

2017年1月29日 (日曜日)

ブログが引っ越します!!

みなさんのご協力で長年続けてくることが出来た「西山田ふらっとサロンのブログ」ですが、このたびプロバイダさんのブログサービスが3月31日15:00で終了するため、引っ越すことになりました。

引っ越し先のURL(アドレス)は

http://blogs.yahoo.co.jp/flatsalon_suita

になります。

 

すでに今年1月からの投稿記事はコピーして掲載しています(コメントは除く)。

また、2月からはこちらのブログへの投稿を停止して、過去の記録を保存する作業にかかることになりました。過去の記録は別途保存して公開し、ホームページからたどれるようにする予定です。

このブログは3月31日をもって見ることができなくなります。

また、無料ブログへの移行のため、新しいブログには新しいプロバイダさんがブログの性格に応じて選んだ広告が掲載されますが、広告内容は「ふらっとサロン」とは無関係です。

よろしくお願い申しあげます。

(この記事は、新ブログには掲載いたしません。)

ホームページ委員会

2009年9月15日 (火曜日)

ホームページ更新作業。

こんにちはhappy01

ふらっとサロンのホームページを更新しようと

ちまちま作業をしていましたゆかりんですcherry

そこで困った事態が発生しましたbearing

コピー&ペーストをしてアップロードする先のフォルダに画像はあるのに

ホームページに何故か表示されないsign02

赤いバッテンが出てくるsign02

いくら調べても解決策がなく、サポートセンターに電話しましたcoldsweats02

したらば、まとめると、一度アップロード先にある画像を削除して

もう一回アップしてみてとのこと。

なんと不思議、これで解決sign01サロンのあゆみも更新ですsign01

画像自体をアップロードする時に出るエラーの解決までは至っておりませんが

すいませんsweat01

でもちょっとでも役に立ちますでしょうかこの情報coldsweats01

わからなかったらサポートセンターに電話、これ、一番手っ取り早いですnote

                         fromゆかりん

2009年3月22日 (日曜日)

ふらっとパソコン ~パソコンが動かない!!~

パソコンが動かない!にっちもさっちもいかない!よし、コンセントを引き抜こう!!
ちょ、ちょ、ちょっとまったあああああっ!!
coldsweats02paper

スイッチの入り切りを、コンセントの抜き差しで代用しないでください

というのは、恐らくすべての電気器具の注意書きに書かれていると思います。
まして、パソコンは、かなり繊細な部類に入る電気製品。
いきなりコンセントぶちっ・・・は本格的な故障の原因になりかねません。
(実際はなかなか壊れないから、よく「ブチッ」をやってしまうのですがcoldsweats01

まず、パソコンをよく見ます。本当に止まっているのか?それとも遅くなっているだけ?

キーボードに反応しないだけでマウス(ポインタ)は動いたりしないか?

ハードディスクが回っていないか?(大抵のマシンではランプで確認できます)

もしも「パソコンは何らかの反応を示しているようだけど、正しく操作できない」
という状態ならば、しばらく待ってみてください
。パソコンがバックグランドで何か
大きなファイルを操作するような作業を始めたら、反応は極端に悪くなります。
たとえばウィンドウズ・システムやセキュリティ対策ソフトが自動アップデートを始めたり、
ウィルススキャンが始まったりしたら、ゆっくりしか反応しなくなります。

どうやらそうではないらしい。止まっているようだ。となっても、プラグに手を
かけるのは早いですpaper。無理やりパソコンをシャットダウンする手があります。
(本当は色々と確認すべきことがあるのですが、その辺りはケースバイケースなので
 いきなりシャットダウン操作に行きますcoldsweats01

よく簡単な方法として紹介されるのは、

  [CTRL] + [ALT] + [DEL]

というキーを同時に2回押す、というのがあります。

実はウィンドウズが正常に動作しているときは、この組合せで1回同時に押すと、
タスクマネージャというウィンドウが開き、現在走っているプログラムの様子や、
パフォーマンス(パソコンが今どれだけ一生懸命働いているか)などを見ることが
出来るます。また、ここからシャットダウンの操作をすることもできます。

いま問題にしているのは正常に作動しない場合なので、このタスクマネージャ
開かないかも知れません。その場合はもう一回同じ組合せでキーボードを叩けば
パソコンがシャットダウンして電源が落ちます。

ところが、このキーボード操作ですら動かない場合があります。
この場合もプラグには手をかけないでcoldsweats01最初にパソコンのスイッチを入れるときに
押した電源ボタンを、数秒間、押します。パソコンの電源が強制的に切れます。

このように無理やりパソコンを止めた後、再びパソコンを立ち上げると、
自己診断のためなかなか起動しないことがあります(また、診断のために
セーフモードと言われるモードで起動する場合もあります)。

また、原則的に保存させていないデータは消えてしまいますが、Wordなどを
長時間操作していた場合などは、一定の時間間隔でデータを自動的に保存
しているので、作成した文書が残っている場合があります。
(ただし、一定の時間間隔で保存した最後のデータしか残っていませんので、
パソコンがおかしくなったときの形は失われることが多いです)。

何にせよ、時間をかけて文書を作ったりデータをいじったりするときには、
こまめに手動で保存しておくのが一番安全です。

2009年3月 8日 (日曜日)

ふらっとパソコン ~熱対策に気をつけて~

パソコンの調子が悪い・・・・

この原因のひとつに、パソコンが熱を持って暴走するという現象があります。
ただし暴走といってもパソコンが家の中を走りまわるわけではなく、指令になかなか
従わなかったり、動きが悪かったり、エラー表示を出して止まってしまったり・・・
人間で言うと「ぐずる」というところですね。

デスクトップなら内部の熱を風で送りだす送風ファンが、小さなノートーパソコンでも
放熱のための装置が付いています(パソコンを使っているときに熱を持ちますので
探して確認しておいてください)。

パソコンに熱がこもってしまうのには、下のような場合が考えられます。

  1.放熱装置の外に何かを置いてしまったりしてふさいでいる

  2.その部分にホコリがたまっている

1.の場合は設置場所を変えたり邪魔な物をどけたりして対処します。
2.の場合、ファンや放熱装置の周囲にホコリがたまっていたら
掃除をしなくてはなりません。掃除の方法は、取扱説明書にしたがってください。

放置しておくと負担がかかって、ハードディスクが壊れてしまうこともあります。
  (↑一回、やったcoldsweats01

最近は水冷のパソコンまで市販されているほど、熱対策は重要です。
調子が悪くなくても、定期的に放熱部分を確認したほうがいいでしょう。

2009年3月 1日 (日曜日)

ふらっとパソコン ~ディスクのエラーをチェックする~

前回はディスクの中身を整理しました。
ディスクにはエラーが起きることもあります。
パソコンの調子が何となく悪いな、と思ったら、エラーチェックも試してみて下さい。

Image016

[チェックする]をクリックします。

Image018

エラーチェックはすぐにできない場合があります。
その時はこのような画面が出てきますので、「はい」を選択します。

Image020

次回、パソコンが起動したときはエラーチェックを実行しますので
起動に少し時間がかかります。注意して下さい。

2009年2月21日 (土曜日)

ふらっとパソコン ~ディスクの中身を整理する~

前回はプロパティを調べることで、ディスクの使用量を調べました。
今回はディスクの中身の整理整頓です。
ひとつ目は要らないモノを捨てること(クリーンアップ)。
二つ目はディスク内の整頓です(デフラグ)。

クリーンアップは前回の画面で「ディスクのクリーンアップ」ボタンをクリックすると始まります。

Image010

そうするとクリーンアップする項目が出るので、消去したい項目を選んで(つまり
消去したくない項目を外して)実行。これで要らないファイルなどを消去できます。

Image014

次にデフラグですが、これはディスクを最適化する作業です。
ディスクの中のファイルは作成、消去、コピー、書き換え、移動などの操作をされています。
そうこうしているうちにディスクが整頓されていない作業場のようにゴチャゴチャになり、
必要なものがスンナリ出てこなくなったり、作業場所が狭くなったりして、効率が低下
してくるのです。

デフラグを始めるには、[ツール]タブを開いて最適化をクリックします。

Image016

Image024

まずは「分析」で最適化が必要かどうかを確認します。ディスクの中身がさほど
乱雑になっていない場合は、最適化の必要なし、と表示されますが、最適化が
必要な場合は「最適化」を実行します。

このディスクは最適化作業が必要ないと分析されましたが、勉強のため実行してみました。
上が最適化を始める前のディスクの状況。 下が最適化後、この画面で右側に
「飛び散って」いたファイルの部分が左側に整理されました。

Image030

詳しいレポートを表示させることも出来ます。

Image032

ディスクの大きさやファイルの占める割合などにもよるので一概に言えませんが、
ディスクの中身全体を配置換えする作業ですから、けっこう時間がかかります。

2009年2月14日 (土曜日)

ふらっとパソコン ~どれだけディスクを使っているかを知りたい~

「写真をバンバン入れてるんだけど、ディスクはまだ空いてるかなぁ?」
こう思ったら、まずマイ・コンピュータを開きます。

Image002

Windows XP のマシンなら、システムやプログラムはまずハードディスクの
「C:」というところに入っています。
特別な設定をしていない限り、
「マイ・ドキュメント」もここに入っています。
サロンのパソコンではデータもここに入っています。

Image004

この「C:」のところを右クリックしてメニューを出し、一番下のプロパティを
左クリックします。

Image006

出てきた円グラフで、ディスクをどれだけ使ってしまっているかがわかります。
このディスクはまだ空っぽ・・・というより、元々のサイズが大きいため、
少々データが増えても大丈夫だったのです。

Image008

よくよく見てみると、このプロパティのウィンドウには、「ツール」「共有」
などのタブもありますし、円グラフの右下には
「ディスクのクリーンアップ」
なる項目も見えています。

このように、この「プロパティ」はいろいろと役立つ機能を持っています。
詳しくは次回以降に見ていきましょう。

2009年2月 1日 (日曜日)

ふらっとパソコン ~画像の印刷方法の一例~

画像ってどうやって印刷したらいいの?
これもパソコン関係でよく受ける質問です。

一番簡単な方法は「写真の印刷のウィザード」を使うこと。
この機能は
Windows XP ならあります。

まず、印刷したい写真を選び、右クリックでメニューを出してから「印刷」を選択。
Image002 Image004

「写真の印刷ウィザード」のウィンドウが開きます。
Image006

[次へ]をクリックして、次の画面で印刷したい画像にチェックが入っているか確認します。
複数枚選択したいときには、印刷する写真にチェックを入れてください。

Image008

[次へ]ですすむと、印刷のオプション画面になります。
通常はA4サイズの普通紙に印刷するモードになっていますから、
例えばLサイズや光沢紙に印刷させたいときは、
[印刷の基本設定]から設定を変更してください。

Image010

[次へ]でレイアウトが選べます。用紙の大きさによって、利用できるレイアウトが違います。

Image012

さらに[次へ]で進んだら、印刷完了です!

2009年1月25日 (日曜日)

ふらっとパソコン ~画像編集の一例~

前回、Picture Manager ピクチャ・マネージャで開いた写真を、編集メニューの
[トリミング]を使って切り取って、サンタさんを大きくしてみます。

Image010_2 Image014

さらにちょっと画像を傾けて動きをつけてみます(編集メニューの[回転と反転])。

Image016  Image018

そしてさらに[画像の圧縮]で画像のサイズを小さくします。ここでは
[電子メールメッセージ]用の大きさに圧縮しました。

Image028 Image030

そうして[名前を付けて保存]し(ここではオリジナルのファイル名の後ろに「a」をつけて
区別するようにしました)、確認します。上書き保存をしてしまうと元の写真がなくなって
しまいますので、十分に気をつけてください。

Image020_2 Image022

こうしてできた画像が左の写真です。右のは、さらに[回転と反転]で画像を左右反転し、
[明るさとコントラスト]で全体を明るくし、
[色]で色の鮮やかさを落としました。
まるで万博の頃に撮った写真のようになりました!?(もちろん名古屋万博ではありません!)。

20081219_4a 20081219_4b

ソフトを終了します。このとき、「変更が保存されていません」という警告が出ますが、
このときに
[保存]をクリックすると、変更が元々の写真に保存されてしまい、
元のデータが失われてしまいます。
必ず、変更した画像を別の名前で保存し、もとの画像に上書きをしたくないときは、
[保存しない]をクリックします。

大事な写真は、まずコピー(複製)を作ってから、そのコピーをいじるのが無難です。

2009年1月24日 (土曜日)

ふらっとパソコン ~画像編集のソフト~

今回は画像の編集です。
Windows XP には画像を編集できるソフトが載っています。
サロンのパソコンには、
Microsoft Office Picture Manager
マイクロソフト・オフィス・ピクチャ・マネージャ)が載っています。
これから、これを使って何ができるかを少し紹介してみましょう。
(少し古いXPには、
Microsoft Photo Editor マイクロソフト・フォト・エディタ
載っているかも知れません)

まず、編集する画像のあるフォルダを開き、その画像を選びます。

Image004

このサンタさんの画像を右クリックして、メニューの[プログラムから開く]
[Microsoft Office Picutre Manager]を選択すると、プログラムが開きます。
(この操作は、色々なプログラムを立ち上げるのに応用できます)。

Image006

新しいウィンドウが開いたら、上にある[画像の編集]をクリックします。

Image008

画像の右側に画像編集用のメニューが現れます。右は拡大写真です。

Image012  Image010

これでこのメニューに載っている編集操作([明るさとコントラスト]から
[画像の圧縮]まで)ができるようになります。

Photo Editor フォト・エディタの場合、可能な操作内容は少しちがってきます。
例えばフォト・エディタでは写真にボカシをかけるのが簡単にできる一方で、
トリミングの操作は、Picture Manager ピクチャ・マネージャよりも複雑に
なって使いにくくなります。

フォトアルバム